【闇】松田優作の死の原因は膀胱がんではない?死んだ理由がヤバすぎると噂に!?画像

テレビドラマ「太陽にほえろ!」で一躍有名となった松田優作さん。

実は映画の撮影中に膀胱がんであることが発覚してしまいます。

松田優作さんは一体どのような病状だったのでしょうか。

この記事では、松田優作さんの死因となった病気についてまとめました。

目次

【松田優作】1989年に膀胱がんで死去

引用:sponichi.co.jp

まず初めに、40歳という働き盛りで亡くなった松田優作さんの俳優としての経歴をご紹介します。

年表はこちら
  • 1971年 劇団「新演劇人クラブ・マールイ」に入団
  • 1973年 ドラマ「太陽にほえろ!」出演
  • 1976年 傷害罪で有罪判決を受ける
  • 1976年 アルバム「まつりうた」リリース
  • 1976年 アルバム「まつりうた」リリース
  • 1988年 映画「華の乱」出演
  • 1989年 映画「ブラックレイン」出演
  • 1989年 11月6日に膀胱がんで死去

松田優作さんは1973年、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で一躍有名になります。

引用:kyoto-wel.com

その後数多くの作品に出演しました。

1989年に公開された映画「ブラックレイン」が最後の作品です。

では、松田優作さんに膀胱がんが発覚したのはいつだったのでしょうか。

【松田優作】膀胱がんを発症したのはいつ?

引用:magazine.nikkei.com

松田優作さんが初めて血尿になったのは1986年春のことでした。

その際は膀胱炎と診断されたそうです。

膀胱炎:膀胱にできる炎症のこと。頻尿や血尿、排尿痛などの症状がある。

それから1年半後の1988年、松田優作さんに膀胱がんが発覚しました。

映画「華の乱」の撮影中、松田優作さんは非常に強い痛みに襲われます。

排尿ができなくなってしまい、腹部の膨らみや血尿、排尿時の痛みに加えて下腹部と背中に痛みがあったそうです。

1988年9月27日に病院へ行ったところ、膀胱タンポナーゼと診断されます。

膀胱タンポナーゼ:膀胱の中に大量の凝血塊がたまり、尿が出せなくなった状態のこと

そして、膀胱洗浄による尿排出の応急処置が施されます。

この時、潰瘍が膀胱の一面に広がるような状態でした。

潰瘍を生体検査したところ、膀胱の約1/4にわたる膀胱がんであることが判明。

松田優作

自分の病気については家族に告げないでください。

松田優作さんは映画「ブラックレイン」の撮影を優先させるため、手術や抗がん剤治療を行いませんでした。

治療よりブラックレインの撮影を優先

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次