世界中のすべての家庭に、その家庭の味がある。一口食べれば、記憶が蘇り、家族や故郷につながることができる—。日本のラーメンと、シンガポールのバクテー。いつの時代も庶民の心と体を満たしてきたソウルフード(魂の食)をモチーフに、2カ国3世代の家族の絆を描いた珠玉のドラマが誕生した。
実家のラーメン屋で働く真人は、日本人の父とシンガポール人の母の間に生まれた。急死した父の遺品の中に、20数年前に亡くなった母の日記を見つけた真人は、若き日の両親の足跡を追ってシンガポールに渡る。やがて現地在住の日本人フードブロガーの協力を得て、叔父や祖母と出会い、両親のせつない愛の秘話を伝えられるが、そこには真人が初めて知る両国の痛ましい歴史が横たわっていた。日本料理の板前だった父と、街の食堂の娘だった母を結びつけたバクテーはどんな味だったのか? そして母が叶えたかった願いとは……?
バラバラになった家族を再びひとつにするため、真人は自らのルーツに向き合い、家族の想いを融合させたある料理を完成させていく。

主人公の真人を演じるのは、斎藤工。絶大な人気と実力を誇る俳優であると同時に、監督でもあり、映画を通した国際交流にも積極的に取り組んでいる斎藤が、日本とシンガポールの食文化の架け橋となる役でその人間的魅力を発揮する。真人にシンガポールを案内するシングルマザーのフードブロガー役には、永遠のアイドルとしてアジア全域で不動の地位を誇る松田聖子。海外で逞しくもしなやかに生きる日本人女性を体現する。真人の職人肌で寡黙な父には、近年『硫黄島からの手紙』『汚れた心』などの海外作品での評価も高い伊原剛志。父方の叔父に、エリック・クー監督の盟友でもある別所哲也。そして、バクテー料理人の母方の叔父をシンガポールでは知らない人がいない名コメディアンのマーク・リー、真人の母をシンガポールの国民的女優ジャネット・アウが演じる。
メガホンを取ったのは、躍進めざましいシンガポール映画界の第一人者、エリック・クー。日本での劇場公開作品は本作が『TATSUMI マンガに革命を起こした男』に続く2本目だが、これまで4本の監督作品がアカデミー賞外国語映画賞シンガポール代表に選ばれ、また世界三大映画祭にも出品されるなど、名実ともに国を代表する存在だ。今回、日本とシンガポールの外交関係樹立50周年(2016年)を記念した映画を撮るにあたり、両国の食文化に着目し、滋味深い人間ドラマを作り上げた。また、世界的に活動するシンガポール出身の写真家レスリー・キーがスチールを手がけている他、「けいすけ」ブランドで斬新なラーメンを次々に世に送り出し、シンガポールでも8店舗を展開する“ラーメン界の革命児”竹田敬介が劇中のラーメン・テーを監修。まさに両国の文化を背負う才能が結集した。

今にもスクリーンから湯気や香りが漂ってきそうなラーメンにバクテー、チキンライス、チリクラブ、フィッシュヘッドカレー……。実力派スタッフ・キャストが織りなすヒューマンドラマに加えて、各シーンを彩る日本とシンガポールの食も本作の大きな見どころだ。中でも豚の骨付きあばら肉をニンニクや胡椒とともにじっくり長時間煮込んだバクテーは、中国系シンガポール人の発展を支えてきたその歴史的背景も相まって、観る人誰しもの胃袋を掴んで離さないはず。
近年、ベルリンやサン・セバスチャンといった国際映画祭で食をテーマにした秀作を扱う「キュリナリー・シネマ」部門が話題を呼んでいるが、本作はその両方に招待され、食事会付き上映のチケットは人気で即日完売するほどの盛況ぶりを見せた。『二郎は鮨の夢を見る』『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』などに続く美食シネマとして、世界の注目を浴びている。

群馬県高崎市ののどかな田園地帯に佇む一軒のラーメン店。さまざまな世代の客がひっきりなしに訪れる中、カウンターの奥で黙々とラーメンを作る3人の男たちがいる。店主の和男(伊原剛志)とその弟の明男(別所哲也)、そして和夫の一人息子の真人(斎藤工)。店が終わると、和男は一人で飲み屋に向かい、真人は自宅の台所でシンガポールから取り寄せた食材を使ってある味を再現しようと試みる。同じ家に暮らし、同じ職場で働きながらも、父子の間に会話はほとんどなく、そのような生活が長年続いていた。しかし翌日、和男は急死する。

数日後。呆然とした状態のまま葬儀を終えた真人は、父の遺品の中に、中国語で書かれた母・メイリアン(ジネット・アウ)の日記と写真、そしてシンガポールに住む母の弟からの手紙を発見する。中国系シンガポール人の母は真人が10歳の時に病死し、それ以来、父は母に関して口を閉ざし続けてきた。明男によると、母は父にとって観音様のような存在だったというが、真人の母の記憶はおぼろげだ。真人は両親が出会った場所であり、自身も10歳まで暮らしたシンガポールに行くことを決意する。

母の写真を頼りに、両親が過ごしたシンガポール各地を訪れる真人。1980年代、懐石料理の板前として同地に派遣された父は、地元のバクテーを出す店で働いていた母と出会い、恋に落ちた。二人は互いの国の食文化を教え合い、愛を深めていった。真人は子どもの頃、母の弟のウィー(マーク・リー)が作るバクテーが大好きだったことを思い出す。

やがて真人は以前からネット上で交流のあったシンガポール在住のフードブロガー、美樹(松田聖子)の協力を得て、ウィーの居場所を見つけ出す。そこはウィーが営む食堂だった。メニューのバクテーを一口食べた真人は、ウィーと数十年ぶりの抱擁を交わす。その日の夜、ウィーが妻と娘2人と暮らす家であたたかかいもてなしを受けた真人は、ウィーに頼みごとをする。それは、バクテーの作り方と、母とその実母の間に何があったのかを教えてほしいというものだった。真人は一度も母方の祖母に会ったことがなく、その理由がずっと気になっていたのだ。

後日。真人はウィー一家とともに祖母のマダム・リー(ビートリス・チャン)の家を訪れ、ショッキングな事実を知らされる。マダム・リーは第二次世界大戦中、日本軍に父を殺された経験から、メイリアンと和男の結婚に猛反対し、真人が生まれた後も交流を絶っていたのだった。今もなお真人と顔を合わせようとしないマダム・リーに、真人は家族と疎遠のまま死んでいった母の悲しみを重ね、深く傷つく。

父と母の叶えられなかった願い。シンガポールと日本の間に横たわる残酷な歴史。また、日本のラーメンにも似て、貧しい労働者のための安価なエネルギー補給源として重用され、やがて国の経済発展とともに人気の大衆料理に発展していったというバクテーの歴史……。真人は異国の地でシングルマザーとしてしなやかに生きる美樹や、シンガポールでラーメン店を成功させた竹田(竹田敬介)らの助けを借りて、バラバラになった家族を再びに一つにするためのアイデアを思いつく─。

斎藤 工 [真人役] Takumi Saitoh as Masato

1981年生まれ、東京都出身。モデル活動を経て2001年に俳優デビュー。主な出演作に『虎影』(15)、『団地』(16)、『昼顔』(17)、『去年の冬、きみと別れ』(18)、『のみとり侍』(18)、『麻雀放浪記2020』(19年4月公開)などがある。齊藤工名義でフィルムメーカーとしても活躍し、初長編監督作『blank13』(18)では日本人としては初の上海国際映画祭アジア新人賞部門の最優秀監督賞他、国内外の数々の映画賞を受賞。エリック・クー監督がショーランナーを務めるHBOアジアのオムニバスホラードラマ「FOLKLORE」の一編『TATAMI』の監督も務めた。劇場体験が難しい地域の子供たちに映画を届ける移動映画館「cinēma bird」を主催するなど活動は多岐にわたる。

Comment

脚本を読み、バクテーとラーメンという今や両国を代表する食べ物が辿ってきた歴史を知りました。両方とも労働者のためのソウルフードとして発展した共通点があります。日本とシンガポール、二つの国のローカルフードを真の意味で融合させた作品です。真人はそのつながりを象徴する存在として登場します。とても興味深い物語で、物語を構成するすべての要素に深い意味があると感じました。

マーク・リー [ウィー役] Mark Lee as Wee

1968年、マレーシア生まれ。バラエティ番組「Comedy Nite」や映画『Money No Enough』(98)、『Liang Po Po: The Movie』(99)などでのコミカルな演技でブレイク。2014年から10年まで放送されたシットコム「Police & Thief」の主演で不動の人気を確立する。俳優業のみならず、バラエティ番組、情報番組、紀行番組などの司会としても活躍するほか、2011年にはホラーコメディ映画『The Ghost Must Be Crazy』で監督デビューを果たした。

ジネット・アウ [メイリアン役] Jeanette Aw as Mei Lian

1979年、シンガポール生まれ。2001年以降、多数のテレビドラマに出演し、29の賞を受賞。主な出演作に「The Champion」(00)、「The Rhythm of Life」(08)、「Little Nyonya」(08)、「The Dream Makers」(14)、「Till We Meet Again」(18)などがあり、中国ドラマ「The Shaolin Warriors」(08)をはじめ他国の作品でも活躍。短編映画『The Last Entry』(17)では監督・脚本・主演を務めた。また、出版したエッセイ本と絵本がいずれもベストセラーになっている。

伊原剛志 [和夫役] Tsuyoshi Ihara as Kazuo

1963年生まれ、大阪府出身。83年、舞台「真夜中のパーティー」で俳優デビュー。NHK連続テレビ小説「ふたりっこ」(96)でヒロインの幼なじみ役を演じ全国的な知名度を得る。2014年NHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演、2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で坂本龍馬役を好演。映画俳優としては『硫黄島からの手紙』(06)、『汚れた心』(11)、『ラスト・ナイツ』(15)などの海外作品から『超高速!参勤交代』シリーズ(14・16)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15)、『家族の日』(16)などの邦画まで幅広く活躍している。

Comment

海外との合作はこれまでにも何本か経験していますが、コラボレーションはいつも面白いです。一つ言えることは、映画作りのプロセスやシステムは万国共通です。世界中のどの撮影現場にも、監督、助監督、キャメラマン、照明技師、録音技師といった人々がいます。脚本を書く人がいて、演技をする人がいて、編集する人がいます。俳優にとってのツールは同じです。今回も例外ではありません。シンガポールと日本の映画作りに違いはありません。

別所哲也 [明男役] Tetsuya Bessho as Akio

1965年生まれ、静岡県出身。90年に日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。エリック・クー監督『TATSUMI マンガに革命を起こした男』(11)では、一人6役を演じ分け、第64回カンヌ国際映画祭ある視点部門選出、第24回東京国際映画祭アジア映画賞スペシャル・メンション受賞、第84回アカデミー賞外国語映画賞シンガポール代表作品に選出。河瀨直美監督『嘘 -LIES-』(15)に主演し、第20回釜山国際映画祭にてプレミア上映。99年より、国際短編映画祭を主宰し文化庁長官表彰受賞。内閣府・世界で活躍し『日本』を発信する日本人の一人に選出。

Comment

食は最も大事な生命源です。その食を掘り下げるのがこの映画です。食の本質をラーメンの丼の中に詰め込んだような作品です。私たちのソウルフードであるラーメンは、世界中で人気です。そしてラーメンには、日本だけでなく他のアジアの国々の要素がつまっています。この映画はラーメンが持つその側面に着目し、食文化の背景にある人間模様を描いています。(観る人を)楽しませるだけでなく、母親や家族や故郷の味を思い出させることでしょう。

ビートリス・チャン [マダム・リー役] Beatrice Chien as Madam Lee

1960年代から70年代にかけてラジオドラマに出演し、将来を嘱望されていたが、看護の道に進む。62歳で看護師を引退後、2003年にシニア世代の演劇愛好家たちと演劇グループを立ち上げ、女優活動を再開。舞台から「Serangoon Road」(12)や「Gone Case」(14)などのテレビドラマ、シンガポール航空などのCM、映画学校の学生による短編作品まで幅広く出演する。

松田聖子 [美樹役] Seiko Matsuda as Miki

1980年に「裸足の季節」でレコードデビュー。以来、40以上の音楽賞を受賞、シングルチャート24曲連続1位の記録を達成し、日本を代表する歌手となる。アジアの国々でも広く知られており、北京語のアルバム「愛情禮物」は台湾のアルバムチャート初登場1位を獲得した。映画女優としては『野菊の墓』(81)で初主演を飾り、『プルメリアの伝説』(83)、『カリブ愛のシンフォニー』(85)、『千年の恋 ひかる源氏物語』(01)、『火垂るの墓』(08)など多数出演。テレビドラマでも「たったひとつのたからもの」(04)主演、NHK大河ドラマ「平清盛」(12)での異例の2役出演、アメリカの人気ドラマ「Bones」(05-07)へのゲストスター出演など幅広く活躍する。

Comment

エリック・クー監督が偉大な映画監督であることは言うまでもありませんが、人としても素晴らしい方です。常に私たちを気にかけてくださいました。その繊細なお心遣いがとても嬉しかったです。撮影中、監督はよく即興的なアイデアを提案されましたが、私たちが賛同できる素晴らしいものでした。ですから私も不安を感じることなく、演技をすることができました。とても勉強になりましたし、素晴らしい経験ができました。

[監督] エリック・クー Eric Khoo

映画製作会社Zhao Wei Films主宰。カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの三大国際映画祭で作品が上映された初めてのシンガポール人監督であり、急成長中のシンガポール映画界の存在を世界に知らしめた第一人者。シンガポールの文化勲章、フランスの芸術文化勲章シュヴァリエを受章。
1965年、シンガポール生まれ。オーストラリアのシティ・アート・インスティテュート(現ニューサウスウェールズ大学アート&デザイン学部)で映画製作を学ぶ。多数の短編を監督したのち、ミーポック(シンガポールの麺料理)売りの青年と娼婦の愛を描いた『Mee Pok Man』(95)で長編デビュー。高層マンションの住人たちの24時間を描いた長編第2作『12 Storeys』(97)がカンヌ国際映画祭・ある視点部門で上映されて以来、同映画祭の常連となる。第3作の真実の愛を探し求める3人の男女の物語『Be With Me』(05)は監督週間オープニング作品に選ばれ、続く第4作のインド系マジシャンと幼い息子の父子愛を描いた『My Magic』(08)はパルムドール候補となった。その他、『TATSUMI マンガに革命を起こした男』(11)では劇画の創始者、辰巳ヨシヒロの人生とその作品を斬新なアニメーションで表現。シンガポール・香港合作の『In the Room』(15)では、老舗ホテルの一室を舞台に6つの時代に6組のカップルが愛を交わす様を描き、センセーションを巻き起こした。
また、プロデューサーとして後進の育成にも積極的に取り組み、ロイストン・タン監督の『15』(03)や『881』(07)、ブライアン・ゴートン・タン監督の『Invisible Children』(08)などを製作。さらにアジアを代表する監督・プロデューサーとして、齊藤工を含む6カ国の監督が参加するHBOアジアのホラーシリーズ「FOLKLORE」(18)のショーランナーを務める。

1995 Mee Pok Man 「ミーポック・マン」の邦題で福岡アジア映画祭、ぴあフィルムフェスティバルで上映
1997 12 Storeys 「12階」の邦題で東京国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティションで上映
2005 Be With Me 「一緒にいて」の邦題で東京国際映画祭で上映され、アジア映画賞スペシャル・メンション受賞
*アカデミー外国語映画賞シンガポール代表
2008 My Magic 「私のマジック」の邦題で東京国際映画祭アジアの風部門で上映
*アカデミー外国語映画賞シンガポール代表
2011 TATSUMI マンガに革命を起こした男 東京国際映画祭アジア映画賞スペシャル・メンション受賞
*アカデミー外国語映画賞シンガポール代表
2011 60 Seconds of Solitude in Year Zero (オムニバスの一編)
2013 Recipe (テレビ映画)
2015 7 Letters (オムニバスの一編「Cinema」)
「セブンレターズ」の邦題で福岡アジアフォーカス、ショートショートフィルムフェスティバルで上映
*アカデミー外国語映画賞シンガポール代表
2016 Wanton Mee (テレビ映画)
2018 家族のレシピ (『Ramen Teh』) 東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で上

私は長年、食と、食が私たちの人生において果たす役割に興味を抱いてきました。「食は言語に次いで、文化的アイデンティティを伝える最重要手段である」とイギリスの食の歴史家ベン・ロジャーズは言っています。私は食を文化的アイデンティティのみならず、私たちの存在や人生そのものを形作るものだと捉えています。食にはまた、人々をつなぐ力があります。非常に神秘的な方法で人々を一つにします。
友人のプロデューサーから、日本とシンガポールの外交関係樹立50周年を記念する作品の監督を依頼された時、私は食が完璧な題材になると考えました。どちらの国も食に目がなく、食にまつわる感動的な物語には事欠きません。私たちは物語にぴったりはまる両国の食を探し始めました。そしてそれぞれの象徴的な食であるバクテーとラーメンに行き着いたのです。
リサーチを続ける中で、私たちはラーメンとバクテーが比較的新しい国民食であることに気づきました。いずれも肉体労働者が力仕事に必要なタンパク質を手っ取り早く摂れる安価な食事として生まれ、大衆人気の高まりとともに「下層階級の食事」という烙印が消えていきました。今では両国を代表する食と言えます。ラーメンとバクテーの発展は、それぞれの国の経済発展と密接に関わっています。
このような背景をもとに『家族のレシピ』の物語は生まれました。主人公の真人は、日本人の父とシンガポール人の母の間に生まれた男性です。母の死後、真人と父は日本で暮らし、父は母について口を閉ざすようになりました。真人は、父の愛情を感じる一方で、なぜか何年経っても消えない悲しみや苦しみを抱えています。そんな真人が父の急死をきっかけに、失われた家族の絆を探す旅に出ます。
現在、日本とシンガポールは非常に良い関係を築いています。しかしシンガポールの高齢者の多くは、第二次世界大戦中の日本占領時期に受けた傷や恐怖を忘れていません。その歴史を体現するキャラクターが祖母のマダム・リーです。終戦から70年以上が経ち、日本文化が好意的に受け入れられている今、映画で過去を掘り返すことには躊躇しました。ところが最近、ある戦争博物館の名前をめぐって大きな論争が起きました。シンガポール政府が日本占領下のシンガポールを意味する「昭南」をつけようとして、市民から猛烈な反発を食らったのです。生存者への配慮にかけるとして、名前は変更されました。年月が過ぎても、戦争の傷は残っているのです。
本作には、人間関係や食べ物にまつわる二項対立が登場します。真人は過ぎ去った時間と歴史の犠牲者です。彼は祖母と父が互いを赦し、過去を忘れることができなかったために傷ついてきました。しかし食べ物は時代とともに進化し続け、社会の変化に適応していきます。
麺とシンプルな肉のスープからなる質素な食事だったラーメンは、今やフォアグラやロブスターと一緒に提供されるほどになりました。本来は豚の骨付あばら肉だけで作るバクテーも然り。わざわざ地球の裏側から取り寄せた肉に加えて、様々な食材が使われています。
本作は、受け入れること、赦すこと、和解することについて描いています。私は人間同士の関係性だけではなく、人々と食の関係性をも祝福したい。食は単なる物質ではありません。私たちの心や魂の糧なのです。